うるおいクレンジング泡ジェルの成分は?危険性は無い?

うるおいクレンジング泡ジェルはW洗顔不要の高機能な洗顔料です。
クレンジングと洗顔という2回の作業は肌へ負担をかけ、肌トラブルの原因になることもあります。

その例として、

・クレンジング時と洗顔時に2回肌をこすることによる摩擦で肌に負担がかかる
・クレンジング剤と洗顔料にそれぞれ含まれる活性剤等の添加物による肌への刺激
・クレンジングで落としきれなかったメイクや汗、皮脂などの汚れが残る
・洗顔時に必要な潤い成分まで洗い流してしまう
・洗顔料に含まれる成分への過剰反応

などなど、顔を一度に2回洗うことで思ったよりもたくさんの肌トラブルの原因を引き起こしてしまう可能性があるんです。

肌、特に顔の肌は思ったよりもデリケートで、負担をかけることですぐにトラブルを起こしてしまいます。

そんなクレンジングや洗顔時における肌への負担を減らすように開発されたのが「うるおいクレンジング泡ジェル」です。

うるおいクレンジング泡ジェルはW洗顔をする必要が無いので肌への負担が少なく、顔のメイクや皮脂などの汚れを落とすだけでなく同時に肌をいたわる成分をいくつも配合しているので、うるおいクレンジング泡ジェルで洗顔をするだけで肌をきれいにしながらぷるっと潤った肌にすることができます。

今回はこのうるおいクレンジング泡ジェルが持つ成分とは何なのか?また、どういう働きをするか?ということを調べたので、購入を考えている方の参考になれば幸いです。
>>うるおいクレンジング泡ジェルの詳細はこちら

うるおいクレンジング泡ジェルに使われている成分


うるおいクレンジング泡ジェルには優れた洗浄力で肌に残るメイクや皮脂・汗などを一度に洗い流します。
同時に肌に潤いを与えて肌の状態をキープします。

 

女性ホルモン様成分ヒオウギエキス

うるおいクレンジング泡ジェルには美肌を保つ働きをサポートする「ヒオウギエキス」が配合されています。

ヒオウギとは女性ホルモン(エストロゲン)に似た成分を高い割合で含むアヤメ科の植物です。
このエストロゲンに似た成分は「イソフラボン」と呼ばれ、女性らしいラインの身体や美しいお肌・髪を作る働きをします。
ヒアルロン酸やコラーゲンの働きを促進し、うるおいのある肌に導きます。

(参考:http://www.skincare-univ.com/article/005437/

 

天然アロマのオリジナルブレンド

うるおいクレンジング泡ジェルには独自開発された特別な香りがします。

香りは、嗅覚から直接脳に働きかけるものとして、その作用は専門的にも注目されています。
そして香りの研究の結果、うるおいクレンジング泡ジェルには「ラベンダー」「オレンジ」「ゼラニウム」「ベルガモット」「ローマカミツレ」の5種類を組み合わせた100%天然アロマオイルが配合されています。

香りには特別な力があり、女性ホルモンの量を増やすことができます。

 

角質層まで届く加水分解ヒアルロン酸

うるおいクレンジング泡ジェルには通常のヒアルロン酸の約100分の1までナノサイズ化し浸透性を高めた超低分子ヒアルロン酸が配合されています。
従来のヒアルロン酸よりも約2倍の浸透性を持つ新成分で、非常に保湿力の優れた成分です。

通常のヒアルロン酸は分子が大きいです。
そのため、肌の内側へ浸透しにくく体内へ吸収されずらい成分です。
しかし技術の進歩によりヒアルロン酸の分子を小さくする(=低分子化)することができるようになり、肌内部へ浸透して高い保湿力を発揮させることに成功しました。
これが加水分解ヒアルロン酸です。

<ヒアルロン酸>
高分子のため肌へ浸透することはできないが、肌表面に長時間とどまり、肌の外側から潤いを保持する効果があります。
油とは違うしっとりした質感を保ち、今でも多くの化粧品に配合されています。

<低分子化されたヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸)>
加水分解ヒアルロン酸のように超低分子化されたヒアルロン酸は、肌内部への浸透力が高く、肌の内側にたっぷりと水分を保持します。
つまり、ヒアルロン酸が肌表面を潤すのに対し、加水分解ヒアルロン酸は「肌を内側から潤す」ことが出来る新成分なのです。

(参考:http://hagegaku.com/ingredients-info/%E5%8A%A0%E6%B0%B4%E5%88%86%E8%A7%A3%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%B3%E9%85%B8/

 

スーパーヒアルロン酸

水に流れず潤いバリアで肌を守る「スーパーヒアルロン酸」とも呼ばれるアセチルヒアルロン酸Naは、水よりもタンパク質(=肌)を好む性質を持ち、肌への親和性が高いため、洗顔後も水に流れずしっかり肌にとどまります。
通常の約2倍の水分保持力と保湿力を発揮し、潤いのバリアを作ります。

 

加水分解コラーゲン


肌にとって欠かせない成分であるコラーゲンを肌の置くまで浸透するように加水分解したのが、加水分解コラーゲン。
保湿力に優れ、シワや乾燥から肌を守り、潤いの力でハリ・弾力をサポートします。

 

クコ果実エキス


保湿力に優れ、皮膚を自然な白さに導き、酸化から皮膚を守り、肌老化を遅らせることが期待できる美肌成分。
さらにコラーゲンの新陳代謝を高め、エイジングケアに大きな期待が集まるエキスです。うるおいクレンジング泡ジェルのために特別に作られたオリジナルの成分です。

 

7つの無添加

うるおいクレンジング泡ジェルは優れた洗浄力を持ちながらも肌に優しいというこだわりのもと作られています。
肌への優しさを優先的に考えられているので、

・着色料
・合成香料
・パラベン
・石油系界面活性剤
・鉱物油
・シリコン
・旧表示指定成分

を一切使っていません。
洗顔時は肌が一番無防備になる瞬間です。
汚れを落としても肌ダメージがあっては意味がありません。
肌への優しさは徹底的にこだわっており、極限まで刺激を抑えて肌へのストレスを除去するために、スキンケアに必要としない成分はできるだけ取り除き、オイルフリーで作り上げられています。
>>うるおいクレンジング泡ジェルの詳細はこちら

うるおいクレンジング泡ジェルの危険性は?

うるおいクレンジング泡ジェルは着色料、鉱物油、シリコン、合成香料、パラベン、石油系界面活性剤、旧表示指定成分を一切使用していません。

その他、使われている成分も身体に対して悪影響を及ぼすものはほとんどないので、うるおいクレンジング泡ジェルは安心してお使い頂ける洗顔料です。

ただし、肌が極端に弱い、過去に洗顔料や化粧品を使って肌にトラブルが出たことがある場合などは主な成分の他に詳細の成分を確認してから使用することをおすすめいたします。

 

うるおいクレンジング泡ジェルに使われている全ての成分

水、カリ石ケン素地、グリセリン、ラウラミドDEA、ココイルサルコシンNa、コカミドプロピルベタイン、フェノキシエタノール、ベルガモット果実油、オレンジ油、ラベンダー油、ローマカミツレ油、ゼラニウム油、加水分解ヒアルロン酸、BG、ヒオウギエキス、クコ果実エキス、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン

>>うるおいクレンジング泡ジェルの詳細はこちら

うるおいクレンジング泡ジェルの成分は?危険性は無い?

うるおいクレンジング泡ジェルは肌のことを第一に考えて作られている洗顔料です。
添加物も一切使われていないので危険性は限りなく低く、むしろ肌に残っているメイクや汚れ・皮脂などをきれいに取りつつ肌をいたわる成分がぜいたくに配合されているので、正しく使うことで健康的な肌に導きます。

日頃のスキンケアはもちろん、エイジングケアにも力を入れたい方には特にオススメできる洗顔料です。

うるおいクレンジング泡ジェルを口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です