うるおいクレンジング泡ジェルはいい事づくし?メリットとデメリットを考えてみました。


美容の基本となるのは毎日の洗顔。
クレンジングと洗顔をそれぞれ行うW洗顔はお肌のトラブルを招いてしまうといいます。
しかしメイクを落として洗顔も必要になるのでどうしても二回洗うことが必要になってきます。

そこでシンリーボーテうるおいクレンジング泡ジェルはW洗顔が不要で、さらに美容成分も配合してお肌もぷるぷるになっちゃうというもの。
一度でメイクも落として洗顔の効果もあり美容に良いということですが、メリットだけしかないのでしょうか。

そもそもなぜW洗顔が必要で、どういった問題があるのか、それを調べた上でうるおいクレンジング泡ジェルのメリットデメリットを考えてみました。

>>うるおいクレンジング泡ジェルの詳細はこちら

W洗顔のメリットデメリット


クレンジングと洗顔を行うW洗顔。
肌の汚れはゴミやホコリ、汗や皮脂など水で落ちるもの、そしてメイクや時間が経過して落ちにくくなった皮脂など、水では落ちにくい油溶性の汚れという二種類に分類されます。
クレンジングと洗顔、それぞれどういった目的なのかをはっきりとさせその必要性について考えてみました。

W洗顔の目的

クレンジングの目的


メイクなどの油性の汚れは水で洗い流そうとしても油ではじかれるため、なかなか落とすことができないもの。しかしクレンジングには界面活性剤が含まれていて、これは本来なら交じり合うことのない水と油分をなじませる効果があります。そのためメイクや日焼け止めなどの油成分のものでも、肌から浮かして洗い流すことができるようになっています。

洗顔の目的

生活している間に付着してしまうゴミやホコリ。そして参加した皮脂や汗など、なにもしていなくても顔にはさまざまな汚れが付いてしまいます。皮脂は参加すると過酸化皮脂となり、ホコリや汚れなどを放置すると菌が繁殖して結果的に肌荒れや吹き出物の原因となります。そういった肌に不必要な汚れを落とすためとして洗顔が使われています。
クレンジングを行った後は界面活性剤が肌に付着したままになっているので、洗顔でそれをキレイに洗い流す必要があります。界面活性剤が付いたままになっていると、皮脂汚れやタンパク質を壊してしまう危険性があります。人によっては肌荒れを引き起こしてしまうもので、肌の自浄作用を止めてしまうこともあります。
汗や皮脂などの肌の表面の付着した水性の汚れを落とすための洗顔料は、油性であるメイクを落とすことはできません。そのためにクレンジングと洗顔をそれぞれ行う必要があります。

W洗顔のメリット

一番のメリットはファンデーションやマスカラ、リップ、チークなどを確実に汚れを落とせることでしょう。
メイクが残っているとそこに付着したホコリなどの汚れも残り、肌荒れや毛穴の黒ずみ、吹き出物などのトラブルを引き起こしてしまいます。
そしてさらにキレイに汚れを落とせたというさっぱりとした爽快感もメリットだと言えます。
皮脂などの汚れ、メイクもしっかりと落として洗い上がりもさっぱりとした手触り。
特に夏など、汗や皮脂の分泌の多い時期だとその爽快感も心地いいものです。

さらにW洗顔は汚れを落とすだけでなく、シワやたるみ、シミなどにも効果が期待できます。
肌に汚れが残っていると、それが空気中の酸素と混じり合って酸化し、活性酸素が発生してしまいます。
活性酸素が増加すると肌にあるコラーゲンが減少します。
美白効果や老化を抑える効果があるコラーゲンの減少を抑える為にもW洗顔は効果があるのです。

W洗顔のデメリット

W洗顔により肌の汚れをキレイに落とすことが出来る代わりに、その分顔をこすったりする回数が増えてしまいます。
汚れを落とす力が強いので、必要な皮脂や成分まで落としてしまい肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
必要な皮脂を落とすことによって潤いが無くなり、乾燥肌や敏感肌になり、シミやシワなど老化の原因になってしまいます。
さらに過剰な皮脂分泌を促してしまい、その結果吹き出物が増えたりテカリ肌になる可能性もあります。
擦る回数が増えてしまうと、直接的に肌にダメージを与え、くすみや色素沈着を進めてしまうということも。
洗顔量、クレンジング剤を使うことで手間も費用も二倍になってしまうこともデメリットと言えるでしょう。

うるおいクレンジング泡ジェルのメリット、デメリット


上記で示したようにW洗顔の必要性、そしてW洗顔をすることの危険性もお分かり頂けたかと思います。
それを踏まえて、一度の洗顔で水性、油性どちらの汚れも落とせるといううるおいクレンジング泡ジェルはどのようなメリット、デメリットがあるのかを考えてみました。

うるおいクレンジング泡ジェルのデメリット

メイクが濃いと落ちにくい

天然成分で肌に優しいうるおいクレンジング泡ジェルは、過激な成分が入っていない分濃いメイクを落とすのも大変。
落とすためにジェルを多めに何度も使ってしまったり、結局W洗顔と同じように複数回洗わなければならなくなる場合も。

無香料ではない

女性ホルモンを活性化させるために独自開発した特別な香りを持たせています。
その香りにより女性ホルモンがアップ…と言ってもだれもが好きな香りを作り出すのは大変。
人によっては香料があることで不快感を覚えてしまう方もいるかもしれません。

洗い流すのに時間がかかる

まずはジェルでメイクを落とし、水分を加えて泡立たせて洗顔するといううるおいクレンジング泡ジェル。
肌にあるジェルを全て洗い流さないようにしたり、泡立たせていくにはコツが必要で最初に慣れが必要になってくるかもしれません。
さらに上記にあるように化粧が濃い目の方だとさらにその手間が増えていきます。
それを考えると結局面倒で、クレンジングと洗顔を分けたほうが楽、という方もいらっしゃいます。

うるおいクレンジング泡ジェルのメリット

お肌へのダメージ軽減

W洗顔だと2回行う分、肌を余計に摩擦してダメージを与えてしまいます。
肌にダメージを与えると直接的に肌荒れやシミ、シワを作ってしまう原因を作り出してしまいますが、うるおいクレンジング泡ジェルはW洗顔を行う必要がありません。

毛穴が小さくなる

洗いすぎて余分な皮脂を取り除くという危険性も減ります。
必要なものまで洗い流すことによって乾燥肌になり、皮脂が過剰に出てきて毛穴が広がってしまうということもあります。
うるおいクレンジング泡ジェルを使うことによって「毛穴が小さくなってファンデーションの乗りも良くなった♪」という声も頂いています。

うるおい美容成分配合

肌の内側まで浸透して肌の内側から潤いを保つ加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を持っていると言われる「スーパーヒアルロン酸」ことアセチルヒアルロン酸Naを配合。
洗顔後のつっぱり肌を抑えて、洗顔後も保つ保湿効果があります。
老化の原因を抑えたり、肌の弾力、ハリをサポートする成分なども配合されています。

天然成分や無添加へのこだわり

女性ホルモンの分泌を進める為の香り配合をしていますが、100%天然アロマオイルを配合
さらに着色料や合成香料、シリコンなどは使わず肌に優しいものにとことんこだわっています。

クレンジングの手間が省けて時間短縮

クレンジングと洗顔で二倍かかっていた時間も単純に一回の作業で済むので時間短縮♪
毎日の作業と考えると、少しの時間短縮でも大きく負担が軽減できると感じるかと思います。

クレンジング剤にかけるコスト軽減

単純計算してクレンジング剤+洗顔料が一つになるというだけでかかる経費も減っていきます。
それも初回注文の料金が安く、定期コースでさらにお安くお買い求め頂けます。

>>うるおいクレンジング泡ジェルの詳細はこちら

うるおいクレンジング泡ジェルはオイルフリー


クレンジング剤はメイクなどの油分を落とすために基本的にはオイルが入っています。
うるおいクレンジング泡ジェルは油分を入れないオイルフリー製品ですが、オイルフリーについて少し詳しく調べてみました。

メイクがきちんと落ちたというスッキリ感はありますが、皮膚にクレンジング剤の成分が残ってしまい、すすぎをしっかり行わないと毛穴に残ってしまい毛穴の詰まりや肌への悪影響が起きてしまいます。
さらにオイル製品は界面活性剤を使用してメイクを落としていきます。合成界面活性材にはたんぱく質を破壊する性質があり、アトピーや湿疹、かぶれなどを招く恐れがあります。また、乾燥を促進し、シミやシワができやすく老化をすすめてしまうとも言われているのです。
過剰な油分を肌に与えることにより肌にダメージを与えてしまうこともあります。

その点うるおいクレンジング泡ジェルはオイルフリーとなっていてそのような心配がありません。
さらにオイル製品だと使用できないまつエクを付けている方でも、うるおいクレンジング泡ジェルなら安心して使用できます。

うるおいクレンジング泡ジェルのメリット、デメリットまとめ


W洗顔をすることでキレイに汚れを落とせますが、過剰な洗顔で肌へ悪影響を与えてしまう事がお分かり頂けたかと思います。
濃い化粧の場合は落とすのが大変で、結局顔を擦ってしまうというデメリットもありました。
オイルの入っているクレンジング剤に比べるとスッキリ感は劣ってしまい、最初のうちは「まだメイク取れていないんじゃ?」と思うかもしれません。
ご心配であればクレンジング剤をしみこませたコットンなどで頬などを拭き取ってみればメイク汚れの残りがどれだけあるかお分かりかと思います。

W洗顔を避けるだけでもお肌にメリットはたくさんありますが、うるおいクレンジング泡ジェルは無添加のものや天然成分にこだわり、オイルフリーにすることによりなるべく肌へのケアを意識しているものです。
美容成分による保湿効果にも期待できるもので、長い目で見て毎日の肌のケアを洗顔から見直していくのがいいかもしれません♪

>>うるおいクレンジング泡ジェルの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です