うるおいクレンジング泡ジェルは1回の洗顔でOK!そもそもダブル洗顔って必要?

うるおいクレンジング泡ジェルならダブル洗顔は不要!
そんなキャッチコピーで私も購入しました。
でもそもそも何故ダブル洗顔をする必要が?
調べてみて色々分かった驚愕の事実をお伝えします!
今まで何気なくしていたことが実は不要だったら…
ダブル洗顔は何故必要なのか、本当に必要なのかを調べてみました。
>>うるおいクレンジング泡ジェルの詳細はこちら

ダブル洗顔とはそもそも何?

まずダブル洗顔を知らない人に説明します。
ほとんどの人は知っていると思いますが念のため…
そもそもダブル洗顔というのはクレンジングと洗顔で2回顔を洗うことを言います。
美容系の雑誌なんか見てる人にとってはお馴染みの言葉ですよね。
このダブル洗顔は本当に必要なのかどうか…ちょっと気になりますよね。

ダブル洗顔はまずクレンジングでメイクを落とします。
メイク落としなのでオイルやクリーム、拭き取りシートなど方法は様々です。
お化粧というのは密着性の高い油分です。
そのため、丁寧に落とさなければなりません。
ダブル洗顔の1回目は簡単に言えばメイク落としのことなんですね。

ダブル洗顔の2回目は通常の洗顔のことです。
古い角質であったり、通常の汚れを落とす洗顔のことです。
こちらは男性であっても女性であっても必ずする洗顔のことです。

ダブル洗顔とはつまり、1回目はメイク落とし、2回目は通常の洗顔という形になります。
クレンジング自体には古い角質の汚れを落とす効果はなく、洗顔という意味では効果が薄いです。
そのためダブル洗顔が必要ということですね。

海外ではダブル洗顔はしない?

海外では実はダブル洗顔が一般的ではありません。
理由としては、クレンジングに洗顔機能があるものが多くあるからです。
うるおいクレンジング泡ジェルのような商品がたくさんあるということですね。
日本ではあまりうるおいクレンジング泡ジェルのようなダブル洗顔不要の商品は少ないため、当たり前のように2回の洗顔をしている人が多いです。
この2回の洗顔を簡略化できれば非常にありがたいですよね。
特に夜遅くまで仕事している人にとってはこのような2回洗顔は煩わしく感じてしまうものです。
そんな時にダブル洗顔不要のうるおいクレンジング泡ジェルみたいな商品がありがたいですよね。

ダブル洗顔不要の商品は二種類ある

ダブル洗顔不要の商品には2種類のものがあります。
どちらも1回の洗顔で大丈夫なのですが、念のため知っておくと選ぶことができると思います。

まず1つ目は、洗顔もできるクレンジングです。
オイルベースのものが多いですね。
固形状のものが一番人気だと思います。
美容オイルで顔をマッサージしながら洗うため、メイク落としはしっかりしつつ肌に負担をかけません。
敏感肌の人にはこちらがオススメです。
逆に脂性肌の方はこちらはあまりオススメできないタイプです。

次にクレンジングもできる洗顔です。
クレンジング石鹸などが有名ですね。
気軽に洗えるのが魅力ですね。
しかし、メイクを落とすほどの洗浄力を持っています。
敏感肌の人はクレンジングもできる洗顔を使うのはあまりオススメできません。
ちなみにですが、美容大国であるフランスだと洗顔もできるクレンジングが人気のようです。
敏感肌の人はあまりいない国なのかもしれませんね。

洗顔バーム(固形)はダブル洗顔否定派に人気

ダブル洗顔否定派の人にも固形タイプの洗顔バームは人気です。
どちらかという洗顔というよりもクレンジングがメインのものです。
オイルというのは洗顔成分が不足しがちで、本当に顔が洗えているか心配という人もいます。
しかしそれはもう昔の話。
最近のダブル洗顔不要商品のなかにはオイルでありながしっかりとした洗顔成分もあるものが多いです。
うるおいクレンジング泡ジェルもその1つですね。
こちらは美容大国であるフランスでも人気のタイプなのでその効果はお墨付きも同然。
非常に使い心地がよく驚くほど汚れがキレイに落ちてくれます。

クレンジング寄りの洗顔は肌が弱い人に

クレンジング寄りの洗顔は、肌が弱い人にオススメです。
洗顔よりのクレンジングとは先程も言ったとおり洗浄力が非常に強いです。
そのため、肌が弱い人には合いません。
なので比較的穏やかな洗浄力を持つクレンジング寄りの洗顔がオススメとなっています。

使い方はいたって簡単。
通常の洗顔のように使うというよりはオイルマッサージのように顔をマッサージしながら使うだけです。
ゴシゴシと不必要に顔をこする必要はありません。
美容オイル洗顔として日本ではこちらも人気ですね。
フランスと比べると明らかにこちらも認知されています。
そう考えると日本では敏感肌の人がかなり多いのかもしれません。

洗顔はやりすぎないように注意

洗顔は大事なことですが、やりすぎることによって肌にダメージが出てしまうことがあります。
そのため、汚れを落とそうと難度も洗顔しすぎる人には注意が必要です。

たとえばニキビです。
ニキビの部分は清潔にしなければならないと考え、過剰に洗顔してしまう人も多いです。
ですがその洗いすぎによってニキビを悪化してしまう結果に繋がってしまうことも…
洗顔をしすぎると顔の油分が失われていきます。
ある程度はもちろん取り除いた方が良いのですが、過剰に取り除くと乾燥してしまうことになります。

また、過剰な洗顔は角質層のバランスを崩してしまいます。
角質層には細胞同士をつなぐセラミド、肌を覆う皮脂膜などが点在しています。
天然の化粧水と呼ばれることもあります。
しかし、過剰な洗顔をするとこのバランスが崩されてしまいます。
何故ならば角質層の厚さはわずか0.02m…
簡単に崩れてしまう厚さしかないのです。

ではどのように洗顔すれば良いの?

ニキビケアとして油分を落とすことは必須です。
そのため、クレンジングは必須と言えるでしょう。
しかし問題は洗顔料のタイプと回数です。
できるだけ刺激の強いクレンジングは避けて肌に優しいものを選びましょう。
うるおいクレンジング泡ジェルは比較的肌に優しく作られているためオススメです。

また、洗い方も重要です。
まずは顔をぬるま湯で十分に濡らします。
そしてクレンジング剤ですが、しっかりと泡立ててから使いましょう。
水を含ませ泡立てることにより、肌に優しくなります。
基本的に洗顔というのは泡立ててから使わなければなりません。
何故ならば泡立てることを目的として作られているからです。
泡立てずに使ってしまうと、洗浄成分が強力で肌に残りやすいです。
クレンジング剤が肌に残ってしまうと肌荒れや新たなニキビが産まれる原因となってしまいます。

今回のまとめ

ダブル洗顔にはちゃんとした理由があり、美容を保つためには必須と言えるでしょう。
しかし、うるおいクレンジング泡ジェルをはじめ様々なダブル洗顔不要の商品が登場しています。
肌が弱い人にはクレンジング寄りの洗顔、脂性肌の人には洗顔寄りのクレンジングおすすめです。
どちらも素晴らしいものですが、自分の肌質に合ったものを選ぶことが重要と言えるでしょう。
また、肌質に合ったものを選んだとしてもどんな時でもその洗顔を使えば良いということはありません。
例えば肌が弱っている時、乾燥している時やニキビが出来ている時は強い洗浄力を持っているものはオススメできません。
面倒ではあるでしょうが、常に自分の肌にあっているものを選んで使うのが良いと言えるでしょう。
実際にそれらを使用すると肌荒れのない完璧な肌へと近付いていくはずです。
>>うるおいクレンジング泡ジェルの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です